【恥をさらす】の意味と使い方の例文(慣用句)

【慣用句】
恥をさらす

【読み方】
はじをさらす

【意味】
人前で恥ずかしい思いをする。自分の恥を大勢の人に知られてしまう。

【スポンサーリンク】

「恥をさらす」の使い方

健太
うわーん。恥をさらしてしまったよー。
ともこ
健太くんが格好つけて、みんなの前で知ったかぶりをするからでしょう?
健太
だって、大好きな彼女が、僕のことを尊敬のまなざして見ていたから、知らないなんて言えない状況になってしまったんだよ。
ともこ
ありのままの健太くんを好きになってもらわないと、後からつらいわよ。今回、恥をさらしたおかげで、本当の姿を見てもらうことができたじゃないの。良かったわね。

「恥をさらす」の例文

  1. 恥をさらすことになるとわかっているので、授業中は手をあげないことにしている。
  2. 僕がみんなの前でピアノを弾くなんて、恥をさらすだけですよ。
  3. 君の行動は、広い世間に家族の恥をさらすことになるんですが、その辺分かっていますか。
  4. これ以上いうと、恥をさらすような気がして、私は黙ってしまいました。
  5. 墓穴を掘って自分の恥をさらす前に、話題を変えた方がいいように思えたのです。
  6. そんな家の恥をさらすようなことを、他人に言えるわけがないじゃないですか。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事