【火花を散らす】の意味と使い方の例文(慣用句)

【慣用句】
火花を散らす

【読み方】
ひばなをちらす

【意味】
刀と刀で戦う時に火花が出るように、はげしく人と人とが争う。


「火花を散らす」の使い方

健太
ともこちゃんは誰かと火花を散らす争いをしたことがあるの?
ともこ
記憶にないわね。たいてい、火花を散らす前に威圧するか、いい負かしてしまうもの。
健太
・・・さすがだね。ともこちゃんを怒らせないようにしないといけないね。
ともこ
やだあ。私は平和主義だから戦いはしたくないし、戦っても早くけりをつけたいのよ。それに、健太くんにはいつも優しい対応をしているじゃない。

「火花を散らす」の例文

  1. 主導権を争うために、ともこちゃんと火花を散らした。
  2. 火花を散らして、意見を衝突させた方がいい作品が出来上がるのだ。
  3. ともこちゃんと健太くんの視線が交錯した瞬間から、火花を散らしていた。
  4. 若いころはお互いの意地が火花を散らしたものだった。
  5. 今回の舞台は、女優と俳優の火花を散らす、芸の応酬がみどころである。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事