【臍を固める】の意味と使い方の例文(慣用句)

【慣用句】
臍を固める

【読み方】
ほぞをかためる

【意味】
覚悟を決める。固く決心する。

【語源・由来】
「臍」はへその意味。基礎をしっかり固めることから。

【スポンサーリンク】

「臍を固める」の使い方

ともこ
健太くん。臍を固めたの?
健太
うん。次のテストで成績が上がらなかったら、ゲームを捨てる、成績が上がれば母さんに新しいゲームを買ってもらうという話だよね。母さんと約束する臍を固めたよ。
ともこ
そうなの。それなら、成績を上げるしかないわね。がんばりましょうね。
健太
うん。勉強の特訓に付き合ってね。

「臍を固める」の例文

  1. 蒼白な彼女の顔は穏やかに澄み切っていて、そこにはもはやなんの恐怖も興奮も見られないので、彼女はすでに観念の臍を固めているようだった。
  2. 臍を固めて転職したのだが、幸運なことに、優しい同僚達ばかりで恵まれた職場だった。
  3. 臍を固めて新しい事業に取り組み、何とか成功を収めることができたので、会社の寿命を延ばすことができた。
  4. その時が近づいてきたので、彼はいよいよ決心の臍を固めなければならなかった。
  5. 身をほろぼすことになろうとも、彼女のそばにいたいのだと臍を固めたのだった。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事