【腹を抱える】の意味と使い方の例文(慣用句)

【慣用句】
腹を抱える

【読み方】
はらをかかえる

【意味】
おかしさに耐えきれないで大笑いをすること。


「腹を抱える」の使い方

健太
ともこちゃん、これから僕のする話に腹を抱えないで聞いてくれる?約束だよ。
ともこ
私が腹を抱える話なんて、どんな話なの?健太君が失敗した話なんていつも聞いているから、そんな話で腹を抱えたりしないわよ。
健太
昨日の夢にともこちゃんが出てきて、私よりいい成績を取ったら結婚してあげるというものだから、僕は必死で勉強して100点取ったんだ。でも、ともこちゃんも100点だったから、どうすればいいの?
ともこ
その夢、面白すぎ!腹を抱えてしまいそう!

「腹を抱える」の例文

  1. その漫才コンビが舞台に登場しただけで、観客は腹を抱えて笑った。
  2. 聞いている人が腹を抱えるような笑い話を考えているけれど、なかなかそんな笑い話が思い浮かばなくてつい頭を抱えてしまう。
  3. いつもは真面目な彼がみんなの前で変な冗談を言うものだから、腹を抱えてしまった。
  4. いつも恐い顔をしていないで、たまには腹を抱えるのもいいものだよ。
  5. ちょっとしたことで腹を抱えてばかりいないで、もっと真面目にやりなさい。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事