【懐が寂しい】の意味と使い方の例文(慣用句)

【慣用句】
懐が寂しい

【読み方】
ふところがさびしい

【意味】
持っているお金が少ない。

【類義語】
懐が寒い

【スポンサーリンク】

「懐が寂しい」の使い方

健太
懐が寂しいから、空手部のみんなと部活の帰りに、ファーストフードに行けなくてつらいんだ。
ともこ
なんで、そんなに懐が寂しい状況になってしまったの?
健太
数量限定のプラモデルが出たから、迷わず買ってしまったんだ。買ったことは悔やんでいないんだけど、懐が寂しいと、なんだかむなしくてね。
ともこ
それは、自業自得ね。お小遣いがたまるまでがまんして、まっすぐ家に帰るしかないわ。

「懐が寂しい」の例文

  1. 今月は、結婚式が多かったので、ご祝儀を奮発しすぎ、懐が寂しい
  2. 今日は、懐が寂しいから、一緒にご飯を食べに行けないよ。
  3. 給料日の前日は、必ず懐が寂しくなるから、無駄遣いをやめたい。
  4. 借りていたお金を返したら、懐が寂しくなったが、気持ちは楽になった。
  5. 懐が寂しいと、心も寂しくなり、ゆとりがなくなるから貯えを増やすべきだ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事