【陰徳あれば必ず陽報あり】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・対義語)

【ことわざ】
陰徳あれば必ず陽報あり

【読み方】
いんとくあればかならずようほうあり

【意味】
人目につかなくても、ひっそりとよい行いをしていると、必ずいつかよい報いがあるというたとえ。

【語源・由来】
淮南子(えなんじ)人間訓(じんかんくん)より。
「夫(そ)れ陰徳有る者は、必ず陽報有り。陰行有る者は、必ず昭名有り」
とあるのに基づく。

陰徳(いんとく)とは、陰で行う徳行のこと。
陽報(ようほう)とは、はっきりとよく現れるよい報いのこと。

【類義語】
・陰徳陽報(いんとくようほう)
・隠れての信は現れての徳(かくれてのしんはあらわれてのとく)
・積善の家には必ず余慶あり(せきぜんのいえにはかならずよけいあり)

【対義語】
・悪因悪果(あくいんあっか)

【英語訳】
He who lendeth to the poor, gets his interest from God.
He that sows good seed shall reap good corn.

隠れた善行もあれば、顕な善行もあるという意味で、
「陰徳あれば陽徳あり」というのは誤りなので注意が必要。

「陰徳あれば必ず陽報あり」の使い方

ともこ
こんなにみんなが助けれくれるなんて思わなかったわ。
健太
ともこちゃんは、いつもみんなのためにがんばってくれていたからね。
ともこ
まあ、気づいていないと思っていたのに。
健太
陰徳あれば必ず陽報ありというだろう。

「陰徳あれば必ず陽報あり」の例文

  1. 彼は黙ってチームのみんなのために尽くしてきたから、彼が困っていると助けようと思うのだろう。陰徳あれば必ず陽報ありだ。
  2. 陰徳あれば必ず陽報ありというから、毎朝散歩をしながら公園のゴミ拾いをしている。
  3. 陰徳あれば必ず陽報ありというように、人に尽くしてきた彼は最期にたくさんの人に見送られた。

まとめ

人が見ていないからといって、悪いことをしてはいけませんね。
陰徳あれば必ず陽報ありというように、人に知られることはなくても、よい行いを積みたいものですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事