【色の白いは七難隠す】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳)

【ことわざ】
色の白いは七難隠す

【読み方】
いろのしろいはしちなんかくす

【意味】
色が白ければ、顔かたちに多少欠点があっても、隠すことができるというたとえ。

「七難」とは、ざまざまな欠点のことで、七つの災いという意味ではない。

【語源・由来】
日本では昔から、色白の女性が美しいともてはやされていたことが由来。

【類義語】
・髪の長いは七難隠す(かみのながいはしちなんかくす)

【英語訳】
A fair complexion covers a multitude of sins.

【スポンサーリンク】

「色の白いは七難隠す」の使い方

健太
ともこちゃんは、本当に肌が白いね。
ともこ
ありがとう。
健太
色の白いは七難隠すというけれど、その通りだね。
ともこ
ちょっと、健太くん。それはどういう意味かしら?

「色の白いは七難隠す」の例文

  1. お隣の娘さんは鼻が少し低いけれど、色の白いは七難隠すというように、色が白いから可愛らしく見える。
  2. 色の白いは七難隠すというけれど、姉は色が白いのできれいな人だとよく褒められている。
  3. 君の恋人は、まさに色の白いは七難隠すというような女性だと思うよ。そう友人に言われた。
  4. 色の白いは七難隠すというけれど、部長の娘さんは難もなければ色も白くて本当に美しい。
  5. 妹はいろいろな難点はあるものの、色の白いは七難隠すというようにいつも恋人がいる。
色白であるから、災難を免れることができるという意味で使うのは誤り。
「色の白いは七難隠すというから、君といるときっと災難には遭わないね。」と使うのは誤り。

まとめ

美しいと言われる顔の形や特徴は、人の好みや時代によってさまざまではないでしょうか。
しかし色の白いは七難隠すというように、日本では色が白いことが美しいともてはやされていることは、現在でも変わらないのかもしれませんね。
見た目の美しさばかりではなく、内面の美しさにも目を向けて欲しいものですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事