【色は思案の外】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳)

【ことわざ】
色は思案の外

【読み方】
いろはしあんのほか

【意味】
恋愛というものは人の理性を失わせることがあるというたとえ。
常識では予測や判断ができないことが多いということ。

「思案の外」は、「思慮分別とは別のもの」という意味。

【語源・由来】
恋とは油断のならないものであるということから。

【類義語】
・恋は思案の外(こいはしあんのほか)
・色は心の外(いろはこころのほか)
・恋は曲者(こいはくせもの)
・恋の闇(こいのやみ)
・恋の山には孔子の倒れ(こいのやまにはくじのたおれ)

【英語訳】
There is no accounting for affections.

【スポンサーリンク】

「色は思案の外」の使い方

健太
まさか、ぼくのおじいちゃんの友達と、ともこちゃんのいとこが結婚するなんて思っていなかったね。
ともこ
そうね。驚いたわね。
健太
70歳と25歳のカップルなんだよね。
ともこ
色は思案の外というものね。

「色は思案の外」の例文

  1. 色は思案の外というけれど、あの二人が駆け落ちするなんて驚いたね。
  2. おばあちゃんが自分の息子より若い人と再婚するなんて、色は思案の外というものかしら。
  3. 浮気がバレてあんな騒ぎになってしまうなんて、色は思案の外ということだね。
  4. 祖父に恋人が出来たと紹介されたのは、私の友人だった。色は思案の外とはこのことをいうのか。
  5. 彼女にはもう新しい恋人がいるけれど、彼はまだ別れていないと思ってプロポーズしたらしい。色は思案の外というからわからないものだね。
「恋愛のことは思案するには及ばない。」という意味で使うのは誤り。
「そんなに好きならば一緒になればいいじゃないか。色は思案の外というだろう。」と使うのは誤り。

まとめ

恋愛をすると、理性を失ってしまうことがあるのではないでしょうか。
色は思案の外といいますが、相手を傷つけてしまうようなことはしないように、気をつけなくてはなりませんね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事