【彼を知り己を知れば百戦殆うからず】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】
彼を知り己を知れば百戦殆うからず

【読み方】
かれをしりおのれをしればひゃくせんあやうからず

【意味】
相手の情勢や、味方の実力などをしっかり把握することで、たとえ百回戦っても負けることはないというたとえ。
相手と自分の長所と短所を、はっきりと見極めることで、どんな場合にも失敗しないということ。

【語源・由来】
「孫子(そんし)」謀攻にある、兵法のひとつ。
この句の続きで、「彼を知らずして己を知れば、一勝一負(いっしょういっぷ)す。彼を知らず己を知らざれば、戦う毎に必ず殆し」
(敵の事情を知らずに味方のことだけを知っていれば、勝ったり負けたりして勝負がつかない。また、敵のことも味方の事も知らなければ、必ず負ける。)と、説いている。

【類義語】

【対義語】

【英語訳】
Know yourself as well as your enemy.

「殆(あや)うからず」は、危うくないということ。

「彼を知り己を知れば百戦殆うからず」の使い方

ともこ
健太くん、なにを一生懸命見ているの?
健太
今度の試合は絶対に勝ちたいから、相手チームの攻撃方法を、もっと調べようと思うんだ。
ともこ
彼を知り己を知れば百戦殆うからずというものね。
健太
次こそ、勝つから応援してね。

「彼を知り己を知れば百戦殆うからず」の例文

  1. 彼を知り己を知れば百戦殆うからずというのだから、もっと相手の情報を調べたい。
  2. ライバル社も同じ日に新商品を発売するようだ。彼を知り己を知れば百戦殆うからずだから、もう少しデータを集めよう。
  3. 彼を知り己を知れば百戦殆うからずというから、隣のチームの企画についてもっと調査してみないか。

まとめ

相手の短所を知り、自分の長所を生かすことで、勝つことができると思うのではないでしょうか。
しかし、彼を知り己を知れば百戦殆うからずというように、相手と自分の長所と短所の両方を知ることが大切ですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事