【首を賭ける】の意味と使い方の例文(慣用句)

【慣用句】
首を賭ける

【読み方】
くびをかける

【意味】
命がけで立ち向かう。また、職を辞めさせられるのを覚悟で行う。「首」は、命のたとえ。


「首を賭ける」の使い方

健太
ともこちゃん。次の空手の大会では、僕の首を賭けて、絶対に勝ってくるよ。
ともこ
その意気込みは素晴らしいのだけれども、健太くんは、なぜ、勉強に首を賭けることはしないのかしら。
健太
僕が、勉強に首を賭けたら、命がいくつあっても足りないよ。あはは。
ともこ
それもそうよね。

「首を賭ける」の例文

  1. その計画の成否に、彼は首を賭けて挑んでいるようだった。
  2. 首を賭けて、この世の悪と闘う。
  3. こっちは首を賭けるつもりでやっているというのに、一体全体、君のやる気のなさといったらなんなんだ。
  4. 首を賭けるつもりでやりますので、どうか、この企画を私に任せてくださいませんか。
  5. 首を賭けて頑張ると言ったら、君なんかの首はいらないし、賭けてもらっても困ると言われた。
  6. 首を賭けた覚悟が周りの人たちに伝わったことで、いろんな人の手助けを得ることができ、この計画を成功させることができました。
  7. 僕は要人警護の仕事をしているので、まさに首を賭けて仕事をしているといえる。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事