【頭に入れる】の意味と使い方(慣用句)

【慣用句】
頭に入れる

【読み方】
あたまにいれる

【意味】
よく理解して、しっかりと覚えておくという意味。


「頭に入れる」の使い方

ともこ
健太君、これから説明することはすっごく大切なことだからね。
健太
わかった、しっかりと頭に入れるよ。

<例文>

  1. 注意事項をしっかりと頭に入れて行動しよう。
  2. 地図を頭に入れることは大事だよ。
  3. 今日のスケジュールはしっかりと頭に入れてね。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事