【目の色を変える】の意味と使い方(慣用句)

【慣用句】
目の色を変える

【読み方】
めのいろをかえる

【意味】
怒ったり、驚いたり、夢中になったりして、目つきを変えるという意味。


「目の色を変える」の使い方

ともこ
健太くんは、空手の話になると目の色を変えるね。
健太
もちろん、空手は大好きだからね。

<例文>

  1. ちょっとした一言で、彼の目の色が変わった
  2. 彼はお金の話になると目の色が変わる
  3. 山田くんは、目の色を変えて1日中ゲームをしている。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事