【目には目を歯には歯を】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】
目には目を歯には歯を

【読み方】
めにはめをはにははを

【意味】
自分が受けた害と同じことをして、仕返しをすること。

【語源・由来】
目を傷つけられたら、相手の目を傷つけて、歯を折られたら、相手の歯を折るという意味から。

古代バビロニアのハンムラビ王が残した、「ハンムラビ法典」にある言葉。
「旧約聖書(きゅうやくせいしょ)」出エジプト記にも見られる。
キリストが、「山上の垂訓」の中で引用して、この考えを否定したことでも知られる。

【類義語】
・目には目歯には歯(めにはめはにはは)

【対義語】
・怨みに報ゆるに徳を以てす (うらみにむくゆるにとくをもってす)
・恩を以て怨みに報ず(おんをもってうらみにむくず)
・仇を恩で報ずる(あだをおんでむくずる)

【英語訳】
An eye for an eye,and a tooth for a tooth.
Eye for eye, tooth for tooth, hand for hand, foot for foot.

「目には目を歯には歯を」の使い方

健太
試合になると、あいつはぼくにだけ絶対にパスを回さないようにしているんだ。
ともこ
そんなことないと思うわ。
健太
いいや、絶対にそうなんだ。だからぼくもあいつにはパスを回さないことにするよ。
ともこ
目には目を歯には歯をとするのは、良くないと思うわ。

「目には目を歯には歯を」の例文

  1. 父は兄に、目には目を歯には歯をというように、殴られた相手にやり返せと言う。
  2. これほどの損害を与えられたのだから、目には目を歯には歯をで相手の会社にも、同じだけの損害を与えてやりたい。
  3. 夫は息子に、目には目を歯には歯をで、意地悪をされたらやり返せと教えていた。

まとめ

傷つけられることは、悲しいことですね。
しかし、目には目を歯には歯をというように、同じことをやり返すこともまた、悲しいことではないでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事