【悋気嫉妬も正直の心より起こる】の意味と使い方の例文

【ことわざ】
悋気嫉妬も正直の心より起こる

【読み方】
りんきしっともしょうじきのこころよりおこる

【意味】
やきもちをやいたり嫉妬をするのも、相手を心の底から思っているからであっていい加減な気持ちではないということ。

【スポンサーリンク】

「悋気嫉妬も正直の心より起こる」の使い方

ともこ
健太くんは焼きもちやきよね。
健太
彼女がほかの男子生徒と話しをしているのを見るだけで嫉妬してしまうんだ。
ともこ
悋気嫉妬も正直の心より起こるっていうからね。心の底から彼女のことが好きなんでしょうね。
健太
彼女もそうやって理解を示してくれればいいんだけど、いいかげんにしろって怒られるんだよね。

「悋気嫉妬も正直の心より起こる」の例文

  1. 悋気嫉妬も正直の心より起こるというんだけど、彼女が僕に嫉妬しないのは本気じゃないのかな。
  2. 健太くんの愛が深いから、まさに悋気嫉妬も正直の心より起こるだよね。
  3. 彼の嫉妬は煩わしいけど、悋気嫉妬も正直の心より起こる、愛されていると前向きに考えることにしよう。
  4. 悋気嫉妬も正直の心より起こるというけれども、健太くんの嫉妬は行き過ぎだよね。
  5. 悋気嫉妬も正直の心より起こる、ならば健太くんに嫉妬しない私は彼を愛していないのかな。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事