【預言者郷里に容れられず】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】
預言者郷里に容れられず

【読み方】
よげんしゃきょうりにいれられず

【意味】
優れた人物であっても、故郷に人や身近な人に受け入れられないことが多いということ。

【語源・由来】
神の啓示を受けた者であっても、幼少の頃から身近に成長していく姿を見ていた人にとっては、普通の人としか思えず、それほど高く評価されないという意から。
「預言者」とは、神の言葉を世に伝える伝道者のこと。
出典:新約聖書

【類義語】
・遠きは花の香、近きは糞の香
・遠くの坊さん有難い
・所の神様有難からず
・人は故郷を離れて貴し

【対義語】

【英語訳】
No prophet is recognized in his own country.(預言者は自分の郷里以外どこでも敬われる)
A prophet is never welcomed in his hometown.(預言者は自分の故郷では尊敬されない)

「預言者郷里に容れられず」の使い方

健太
田舎にいるおじいちゃんだけど、とても大事にしてくれるんだ。
ともこ
私も、地元のおじいちゃん、おばあちゃんと上手くいっているよ。
健太
預言者郷里に容れられずではないからかな。
ともこ
きっと普通の人間だからだね。理解されているんだね。

「預言者郷里に容れられず」の例文

  1. 預言者郷里に容れられずで、彼がノーベル物理学賞をとっても、まわりはさして驚きもしなかった。
  2. 陸上選手だった彼はむかしから天才といわれていたが、預言者郷里に容れられずで、両親は気にもとめていなかった。
  3. キリストの言葉として預言者郷里に容れられずの深い意味を聖書によって知ることができる。
  4. 偉大な教育者となった彼は、故郷では預言者郷里に容れられずで、両親は普通に接していた。

まとめ

『新約聖書・ルカ伝』に、出身地ナザレで伝道するイエスのことばに「はっきり言っておく。預言者は、自分の故郷では歓迎されないものだ」とあるのに基づく。イエスといえども、その幼年時代を知る人にとっては、「何だ大工のヨセフの子ではないか」というわけだといわれている。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事