【夜の帳】の意味と使い方の例文(慣用句)

【慣用句】
夜の帳

【読み方】
よるのとばり

【意味】
夜の闇のこと。「帳」は、室内を隔てるのに垂らす布。「夜の帳が下りる」の形で使われることが多い。


「夜の帳」の使い方

ともこ
健太くんが学校に忘れ物なんかするから、外は夜の帳が下りてしまっているじゃないの。
健太
ごめんねー。なかなか筆箱が見つからなくて、なんと、図工室に置いてあったんだ。だから、見つけるのに時間がかかってしまったんだよ。うわあ、外は真っ暗だねえ。
ともこ
急いで帰りましょうよ。もう、お腹がぺこぺこよ。
健太
そうだね。急いで帰らないと、もう、一番星が出ているよ。一番ぼーしーみーつけたっ!

「夜の帳」の例文

  1. 目が覚めて外を見て見ると、日はまだまったく昇っておらず、外は夜の帳に包まれていました。
  2. 自宅につく頃には夕刻を過ぎ、辺りには夜の帳が下りようとしていました。
  3. 自分の巣に向かう鳥たちが、夜の帳がすぐそこまで訪れていることを告げていました。
  4. みんなが中にいた間に、太陽は完全に沈み、夜の帳が降りていました。
  5. 夜の帳が落ちた町には明かりがなく、外には人影さえ見られませんでした。
  6. 夜の帳が下りましたが、満月の夜だったので、ぼんやり明るく幻想的な夜でした。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事