【人生七十古来稀なり】の意味と使い方の例文

【ことわざ】
人生七十古来稀なり

【読み方】
じんせいしちじゅうこらいまれなり

【意味】
古希(70歳)まで長生きする者は、昔から非常に少ない。

【語源・由来】
杜甫「曲江」から。


「人生七十古来稀なり」の使い方

健太
人生七十古来稀なりっていうけれども、70歳以上の人口は2017万人だって。時代は変わったねえ。
ともこ
そうね。元気で若々しい70歳が増えたわよね。
健太
そうだね。そして、なんと80歳以上の人口は751万人だって。たくさんいるよね。
ともこ
そうね。稀じゃなくなったけれども、健太くんのおじいちゃんが70歳になったら、これからも元気でいてねって言う意味も込めて古希のお祝いをしてあげてね。

「人生七十古来稀なり」の例文

  1. 人生七十古来稀なり、私のおじいちゃんは、今でも毎朝縄跳びを1000回飛ぶ稀に見る元気な70歳だ。
  2. 人生七十古来稀なり、おばあちゃんが、これからも長生きできるように家族みんなでお祝いした。
  3. 人生七十古来稀なり、人生は残り短い、お酒のツケがたまっているが構うものか。
  4. 人生七十古来稀なり、あと何年元気でいられるか分からないから毎日を大事にしよう。
  5. 人生七十古来稀なり、自分が七十まで生きているなんて10歳の頃には思いもよらなかった。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事