【秋の鹿は笛に寄る】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳)

【ことわざ】
秋の鹿は笛に寄る

【読み方】
あきのしかはふえによる

【意味】
恋のために身を滅ぼしたり、弱みにつけこまれて危険な目に合うたとえ。

【語源・由来】
秋の交尾の時期になると、鹿はお互いを求めあう。
雌鹿が鳴く声に雄鹿が寄ってくるが、雌鹿の鳴き声に似せた笛を吹くと騙された雄鹿がおびき寄せられて、人間に捕らえられてしまうことが由来。

【類義語】
・妻恋う鹿は笛に寄る(つまこうしかはふえによる)
・笛に寄る鹿は妻を恋う(ふえによるしかはつまをこう)

【英語訳】
People may bring about their demise for love (like a deer coming forth when it hears a hunter’s whistle in mating sea son); it is easy to have one’s weak points taken advantage of

【スポンサーリンク】

「秋の鹿は笛に寄る」の使い方

健太
お父さんの会社の上司が急に遊びに来たと思ったら、しばらくうちに泊まっていたよ。
ともこ
あら、にぎやかだったのね。
健太
そうでもないよ。よくわからないけど、お父さんが秋の鹿は笛に寄るからとため息をついていたよ。
ともこ
どうやら、大変なことがあったようね。

「秋の鹿は笛に寄る」の例文

  1. 秋の鹿は笛に寄るというけれど、彼は全財産も仕事も全てを失ってしまったらしい。
  2. 彼は彼女に夢中になっているけれど、どうも怪しい気がするんだ。秋の鹿は笛に寄るということにならないといいけれど心配だ。
  3. 信じていたのに、こんなことになってしまうなんて。秋の鹿は笛に寄るとなってしまった。
  4. 秋の鹿は笛に寄ると何度も忠告していたのに、結局全てを失くして気づいたようだ。
  5. 秋の鹿は笛に寄るというもので、気づいた時にはなにもかも失くしてしまうことだってあるのだよ。

まとめ

恋は人を幸せな気持ちにしてくれるものではないでしょうか。
しかし、夢中になりすぎて正しい判断ができなくなってしまうことで、秋の鹿は笛に寄るということにならないように、気を付けなくてはなりませんね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事