【後は野となれ山となれ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・対義語)

【ことわざ】
後は野となれ山となれ

【読み方】
あとはのとなれやまとなれ

【意味】
今がどうにかなれば、後はどうにでもなれということ。

【語源・由来】
江戸時代の浄瑠璃及び歌舞伎の作者である近松門左衛門の作品、『冥途の飛脚(めいどのひきゃく)』にある一説「栄耀栄華も人の金、はては砂場を打ち過ぎて、あとは野となれ大和路や。」からきていると言われている。

【類義語】
・先は野となれ山となれ
・末は野となれ山となれ
・旅の恥はかき捨て
・旅の恥は弁慶状

【対義語】
・鷺は立ちての跡を濁さず
・立つ鳥跡を濁さず
・飛ぶ鳥跡を濁さず
・鳥は立てども跡を濁さず

【英語訳】
・I don’t care what happens afterwards.
・After us [me], the deluge.

【スポンサーリンク】

「後は野となれ山となれ」の使い方

ともこ
今年も文化祭始まるね。
健太
毎回この時期って、他人任せだよね。
ともこ
それって、健太君だけでしょ?
健太
いやー、みんな自分のことが終わったら、後は野となれ山となれだよ。

「後は野となれ山となれ」の例文

  1. 目先のことが終わったからと、後は野となれ山となれ状態はひどすぎる。
  2. やることはやったので後は野となれ山となれだ。
  3. テストの制限時間が迫っているが、全然分からない。後は野となれ山となれと適当に回答を埋めた。
  4. 他薦で生徒会長に選ばれたが、まったくやる気が起きないため後は野となれ山となれといった状態である。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事