【話に花が咲く】の意味と使い方の例文(慣用句)

【慣用句】
話に花が咲く

【読み方】
はなしにはながさく

【意味】
興味ある話題が次々と出る。


「話に花が咲く」の使い方

健太
昨日、幼稚園の頃の仲間が集まって、話に花が咲いたんだ。
ともこ
へえ。みんな、その頃のことを覚えていた?
健太
うん。いつも遊んでいたメンバーだし、卒園後もよく遊んでいたしね。昨日は、思い出話に花が咲くというよりは、お互いの近況を話し合って話に花が咲いたんだよ。
ともこ
へえ。男の子たちだけの会話って、ちょっと聞いてみたいわ。

「話に花が咲く」の例文

  1. 仕事で付き合いのある人が、同じ県の出身であることがわかり、話に花が咲いて懐かしくなり帰りたくなった。
  2. 友人と久しぶりに会い、思い出話に花が咲き、気が付いたらが夜が更けてしまっていたので、違う店に移って食事をしながらまた話を続けることにした。
  3. 同窓会で、久しぶりに会った友人と話に花が咲いたのだが、意外と近くに住んでいることが分かったので、また会う約束をした。
  4. 偶然、昔の友人に会い、思い出話に花が咲きそうになったのだが、予定が入っていたので、連絡先を渡して今度の休みに会うことにした。
  5. 彼女と会うと、どうでもいい話でも、話に花が咲いて楽しい。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事