【会稽の恥】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】
会稽の恥

【読み方】
かいけいのはじ

【意味】
戦いや勝負ごとに負け、恥や屈辱を受けること。また、己の名誉に対する侮辱を受けること。

【語源・由来】
元々は中国の故事であり、『史記』という書物に記されている。中国の春秋時代後期に越の王として天下を取り、後に春秋五覇の一人として名が挙がった勾践(こうせん)が天下を取る以前の話が元になっている。呉の王・夫差(ふさ)と会稽山という中国の紹興市南部にある山で戦うも敗れ、夫差から様々な屈辱を与えられる。その時の苦しくも悔しい想いを“会稽に恥”と勾践が表現したことから転じてきている。

【類義語】
・臥薪嘗胆

中国の故事であり、会稽の恥とは対になる言葉である。臥薪嘗胆とは、越の王・勾践が呉の王・夫差の父にあたる前王・闔盧(こうりょ)との戦いに勝利したことで、夫差が父の敵を討つため毎晩薪の上で寝起きをすることで苦行に耐えながらその苦しみを忘れないようにしたとされている。その結果、夫差は勾践を打ちのめし、勾践は会稽の恥を受けた。

【対義語】

【英語訳】

「会稽の恥」の使い方

健太
今日は、待ちに待った日がついに来た。
ともこ
大げさな。たかがテレビゲームで負けたくらいで、大げさだよ。
健太
大げさなんかじゃない!僕にとっては会稽の恥を拭うチャンスなんだ!
ともこ
そう、じゃあ今回も勝ちに行くから。

「会稽の恥」の例文

  1. 今まで受けた会稽の恥を拭うべく、これから死ぬ気で頑張ろう。
  2. まさか後輩から会稽の恥を受けるとは思わなかった。
  3. 練習戦で他校に負け会稽の恥を受けたが、次の試合で挽回するべくみんなで頑張ろう!
  4. これまで血のにじむ様な努力をしたのも全て、あの時受けた会稽の恥をすすぐためである。
  5. 会稽の恥を晴らしに来た!と、この間将棋の試合で負けた相手がやって来た。
会稽の恥とは上記でも述べたように、相手から屈辱を受けたり、勝負ごとに負けたりした時に用いる言葉であるが、その時受けた苦い思いを晴らすことを会稽の恥を雪ぐ(かいけいのはじをすすぐ)という。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事