【気が散る】の意味と使い方の例文(慣用句)

【慣用句】
気が散る

【読み方】
きがちる

【意味】
一つのことに気持ちが集中できないこと。

【スポンサーリンク】

「気が散る」の使い方

健太
ともこちゃん、どうしたの?今日はなんだかいつもと違うね。いつもと違って何かイライラしてない?
ともこ
健太君、気が散るから今は私に話しかけないでくれる!
健太
ともこちゃんのそんなに怖い顔見るの初めてだよ。どうしたの?何かあったの?僕で良かったら、何でも聞いてあげるよ。
ともこ
だから、気が散るから話しかけないでって言ってるでしょ!

「気が散る」の例文

  1.  外の景色があまりにも綺麗なものだから、それを眺めていると気が散ってしまって勉強に集中できない。
  2. 気が散るといけないので、窓を閉めて外の音が聞こえないようにして、それからカーテンをして外が見えないようにしている。
  3. 仕事をし始めたら気が散らないように、ただひたすら精神を集中するようにしなくてはならない。
  4. 隣の家からカラオケをしている音が聞こえてくるので、気が散ってしまう。
  5. 気が散るのは自分自身の集中力が弱いからであって、それを他人のせいにしてはいけない。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事