【雉も鳴かずば撃たれまい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳)

【ことわざ】

雉も鳴かずば撃たれまい

「雉も鳴かずば打たれまい」「雉も鳴かずば射たれまい」と表すこともあります。
また、「鳴かずば雉も撃たれまい」「鳥も鳴かずば撃たれまい」と表すこともあります。

【読み方】

きじもなかずばうたれまい

【意味】

余計なことを言ったせいで、自ら災いを招いてしまう事。

【語源・由来】

雉は鳴かなければ居所を知られず、撃たれることもなかったのにという意味から。

信州の民話「雉も鳴かずば」はこのことわざと関係があると考えられています。ある村に昔母を河の氾濫のせいで亡くしてしまった貧しい父と娘がおりました。娘は重い病にかかっていましたが、ある日娘に赤飯を食べたいとねだられ、用意できない父は地主の倉から少しの米と小豆を盗みます。赤飯を食べ、元気を取り戻した娘はその喜びを歌ってしまいます。ある日また河が氾濫するため人柱を立てることになりました。誰を人柱に選ぶ相談があった際、娘の歌をたまたま聞いていた百姓が盗みに気づき父を人柱にすることにします。村人に連れられ、帰らぬ人となった父を思い、自分の歌を責め泣き続けた娘は、ついに一言も言葉を話さなくなります。幾年が経ち、ある猟師が雉の鳴き声を聞き、仕留めた獲物のところへ近寄ったところ、そこには大人になった娘の姿がありました。彼女は「雉よ、お前も鳴かなければ、撃たれないで済んだものを」と言い残し、冷たくなった雉を抱いてその場を去ったといいます。

【類義語】
・蛙は口から呑まれる
・口は善悪の門
・口は禍の門
・口は災いの元
・三寸の舌に五尺の身を亡ぼす
・舌は禍の根
・多言は身を害す
・物言えば唇寒し秋の風
・病は口より入り禍は口より出ず
・禍は口から

【英語訳】
・Quietness is best, as the fox said when he bit the cook’s head off.

【スポンサーリンク】

「雉も鳴かずば撃たれまい」の使い方

ともこ
君、またこの前先生に怒られていたでしょう。
健太
どうしても授業中眠くなってしまって、先生に「眠いから寝かせてください」って言っちゃってね。
ともこ
なんでわざわざそんな事を言うの?雉も鳴かずば撃たれまいのに。
健太
だってどうしても眠たくって。もしかしたら寝かせてくれるかもと思ったのが間違いだったよ。

「雉も鳴かずば撃たれまい」の例文

  1. 雉も鳴かずば撃たれまいのに、わざわざ機嫌の悪い彼女にそんなこというなんて、どうかしてる。
  2. 雉も鳴かずば撃たれまいから、今は黙っていた方が良い。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事