【これ見よがし】の意味と使い方の例文(慣用句)

【慣用句】
これ見よがし

【読み方】
これみよがし

【意味】
これを見よといわんばかりに得意そうなようす。

【スポンサーリンク】

「これ見よがし」の使い方

ともこ
健太くん。なんでこれ見よがしにテストの答案を手に持って立っているの?
健太
えへへ。これを見てよ。95点だよ。
ともこ
あらまあ。健太くんにしてはすごく良い点数ね。でもこのテストは、平均点が高かったらしいわよ。多くの人が90点以上だったんじゃないかしら。
健太
それでもいいんだよ。95点を取ったことがないからとてもうれしいんだよ。

「これ見よがし」の例文

  1. 彼女はこれ見よがしに、すらりと長いご自慢の足を組んで見せたのです。
  2. ブランド品のバッグを、これ見よがしに持って歩く。
  3. 彼の会社の業績がちょっと上向いたそうで、これ見よがしに高級外車に乗るようになったのです。
  4. この会社を設立した祖父が、これ見よがしに立派なオフィスを建てることを好まなかったので、路地裏でひっそりと営業しているのです。
  5. 同僚の刑事は、捜査会議でこれ見よがしに手に入れた証拠品を右手で振りかざして見せたのです。
  6. 彼は一億円もする腕時計を手に入れたらしく、これ見よがしに時間を気にするように、さきほどから何度も時計を見ている。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事