【兄弟は他人の始まり】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】

兄弟は他人の始まり

【読み方】

きょうだいはたにんのはじまり

【意味】

血を分けた兄弟であっても、それぞれ成長し独立すると、疎遠になって他人同士のようになってしまうものだという事。

【語源・由来】

たとえ仲良く育った兄弟であっても、それぞれが結婚し家庭を持つようになれば、情愛もそちらに移り、赤の他人のような関係になることもあるという事から。

【類義語】
・兄弟は他人の別れ

【対義語】
・兄弟は両の手
・兄弟は手足なり
・血の寄るものは親子
・血は血だけ
・血は水よりも濃い

【英語訳】
・Though they are brothers, their pockets are not sisters.
・Brothers are incipient strangers.
・The world begins with brothers.
・When it comes down to it, brothers are little better than strangers.
・In the final analysis, blood is no thicker than water.

「兄弟は他人の始め」と表すこともあります。またここでいう「兄弟」とは、兄と弟のことだけでなく、姉や妹のことも含みます。

「兄弟は他人の始まり」の使い方

健太
あーあ。また、お兄ちゃんと喧嘩しちゃった。
ともこ
君のところはいつも喧嘩しているね。仲良くしないとダメよ。
健太
でも、お兄ちゃんのやつ、分からず屋なんだもん。
ともこ
そんな事言わずに。兄弟は他人の始まりというからね、家庭を持ってしまったら疎遠になってしまうよ。

「兄弟は他人の始まり」の例文

  1. 兄弟は他人の始まりというが、兄貴とは結婚してから殆ど連絡を取っていない。
  2. 小さい頃はあんなに仲良かった兄弟でも、兄弟は他人の始まりというものなのだね。
  3. 兄弟は他人の始まりとはいえども、妹とは今でもランチをする仲だ。
  4. 兄弟は他人の始まりでは寂しいから、息子達には仲良くいて欲しい。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事