【猿の尻笑い】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英語訳)

【ことわざ】
猿の尻笑い

【読み方】
さるのしりわらい

【意味】
猿が自分の尻が赤いことに気づかずに、他の猿の尻が赤いことをばかにして笑うということから、
自分の欠点に気づかずに、他人の欠点をあざ笑うことのたとえ。

【語源・由来】
猿が自分の尻が赤いと気づかずに、他のさるの尻が赤いことをばかにして笑ったというたとえに由来している。

【類義語】
・五十歩百歩(ごじっぽひゃっぽ)
・目糞鼻糞を笑う(めくそはなくそをわらう)
・腐れ柿が熟柿を笑う(くされがきがじゅくしをわらう)
・鍋が窯を黒いと言う(なべがかまをくろいという)
・不身持の儒者が医者の不養生をそしる(ふみもちのじゅしゃがいしゃのふようじょうをそしる)

【英文】
the pot calling the kettle black.
people who live in glass houses shouldn’t throw stones.

猿の尻洗いということわざは、誤り。

「猿の尻笑い」の使い方

健太
あはははは!
ともこ
健太くん、どうしたの?
健太
さっき友達の髪の毛がひどい寝ぐせで、笑っちゃったよ!
ともこ
健太くんも、ひどい寝ぐせがついているみたいだけど…。
これじゃあ、猿の尻笑いね。

「猿の尻笑い」の例文

  1. 彼はいつも同僚を馬鹿にしているが、それは猿の尻笑いというものだ。
  2. あいつは補欠だと、笑っている君も補欠だから、まさに猿の尻笑いだね。
  3. 君はもっといい点数を取った方がいいと言われたけれど、彼も同じ点数なのだから、猿の尻笑いだ。
  4. 猿の尻笑いと言われて悔しくて、必死で練習をした。
  5. 僕は今日は遅刻をしなかったけれど、彼は遅刻をしたねと言ったら、友人には猿の尻笑いだと言われてしまった。
「猿」を使ったことわざは、ほかにもたくさんあるので、ぜひ調べてみよう!

まとめ

人の言葉や行動が気になってしまうことはあっても、自分のこととなるとなかなか気づきにくいことがあります。

また、勉強や仕事の際にも、完璧だと思っていたことが、間違えていたりすることもあるのではないでしょうか。自分のことは、見えにくく気づきにくいですが、しっかりと確認をして猿の尻笑いにならないようにしたいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事