【耳に障る】の意味と使い方(慣用句)

【慣用句】
耳に障る

【読み方】
みみにさわる

【意味】
聞いて嫌な感じになったり、嫌なおもいになったりする意味。聞いて不快感に感じる。

【スポンサーリンク】

「耳に障る」の使い方

健太
それにしても、鈴木くんの自慢話は本当に耳に障るよ。
ともこ
確かに、自慢話をずっと聞いてるのは嫌よね。

<例文>

  1. 勉強中に隣から聞こえてくる音楽が耳に障る
  2. 二人のひそひそ話が耳に障る
  3. あの人の声が生理的にうけつけなくて耳に障る
  4. 電車の中で携帯で通話する人は耳に障るのでやめてほしい。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事