【門を叩く】の意味と使い方の例文(慣用句)

【慣用句】
門を叩く

【読み方】
もんをたたく

【意味】
弟子入りを願って訪れること。

【スポンサーリンク】

「門を叩く」の使い方

健太
近所に、今の空手の道場があって、そしてそこの門を叩いたことは僕にとって幸せなことだったよ。
ともこ
健太くんは、空手の先生をとても尊敬しているものね。
健太
空手だけじゃなく、人生の師匠だからね。代わりになる人はいないよ。
ともこ
身も心も安心して預けられる、そういう先生に、早くから出会えるなんてうらやましいわ。

「門を叩く」の例文

  1. 彼は、有名な作家だったので、年に何人か彼の家の門を叩くものがあったが、今のところ弟子をとる予定はないようだ。
  2. 健太くんは有名な漫画家で多忙を極めていたが、彼の家の門を叩いて自作の漫画を持ってくる人には丁寧に指導してあげた。
  3. 茶道を習いたかったので、近所の有名な先生の門を叩くことにした。
  4. 健太くんは、畏敬すべき師匠の門を叩いた。
  5. 今の落語の師匠の門を叩いて指導を受け始めたのは、もう二十年も前のことだ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事