【二度と再び】の意味と使い方の例文(慣用句)

【慣用句】
二度と再び

【読み方】
にどとふたたび

【意味】
もう決して。二回とは。

【スポンサーリンク】

「二度と再び」の使い方

ともこ
健太くんが地理のテストで100点をとった!二度と再び見られないかもしれない。
健太
二度と再び、だなんて。もう一回あるかもしれないじゃない。でも、100点はうれしいなあ。
ともこ
奇跡よ。だって、100点は健太くんだけだったのよ。二度と再びないわよ。
健太
僕は暇なときは地図を眺めているくらい地図が好きだから、また100点があるかもしれないってば。

「二度と再び」の例文

  1. 似ている人はいるけれど、同じ顔の人は、二度と再び生まれてこない。
  2. この機会を逃したら、二度と再び君に会うことはないだろうと思って会いに来た。
  3. 健太くんは、二度と再びともこちゃんの声をきくことがないだろう。
  4. そんなことをしたら、二度と再び世間に顔向けできなくなるぞ。
  5. 戦争は終わったが、村の若者たちは二度と再び生きて戻ってこなかった。
  6. 法を無視することは二度と再びやってはいけない。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事