【思えば思われる】の意味と使い方の例文(慣用句)

【慣用句】
思えば思われる

「思えば思わるる」ともいう。

【読み方】
おもえばおもわれる

【意味】
こちらが相手に好意を持てば、相手も好意を持ってくれるようになるということ。

【スポンサーリンク】

「思えば思われる」の使い方

健太
思えば思われる、僕が彼女のことを思えば、彼女は、僕のことを思ってくれるようになるかな。
ともこ
うーん。どうだろう。彼女はモテるから、いろんな人から思われているし、一人に絞るのは大変なんじゃないかしら。
健太
そんなにモテるの?彼女は可愛いもんなあ。僕のことだけを思ってくれないかな。
ともこ
そうやって伝えてみればいいんじゃないかしら。

「思えば思われる」の例文

  1. 思えば思われるというように、いつも彼女のことを考えて、彼女に視線を送っていたら、彼女に気持ちが届いた。
  2. 思えば思われるとは本当で、いつも自分に視線を送る彼のことが気になり、好きになっていた。
  3. 思えば思われる、会社間の取引も恋愛と同じで、こちらが愛情をもって接しないと、相手企業からそっぽを向かれる。
  4. 思えば思われる、僕が妻のことを考え行動するようになったら、妻も僕のことを考えてくれるようになった。
  5. 思えば思われる、相手のことを思って行動すればいい関係が築けると思うよ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事