【起きて半畳寝て一畳】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳)

【ことわざ】

起きて半畳寝て一畳

このことわざのあとに続けて、「天下取っても二合半」と表すこともあります。

【読み方】

おきてはんじょうねていちじょう

【意味】

人は必要以上の富貴を望むべきではなく、一定で満足することが大切であるという事。人間が生活するにあたって必要以上の物があっても使い切れないという事。
人生にが清貧の姿勢が重要であるという事。

【語源・由来】

どんなに大きな家に住んでいようが、起きて読書に使う空間は畳半分で十分であり、寝る時には畳一枚分の空間があればいいという事から。富貴や地位、さらには物質的な欲望に対する批判的で冷笑的な態度を示すことから。

【類義語】
・起きて三尺寝て六尺
・千石万石も米五合
・千畳敷に寝ても畳一枚
・立って半畳寝て一畳
・天下取っても二合半

【英語訳】
・one should be satisfied without desiring more wealth and rank than necessary
・waking half a tatami mat, sleeping a single tatami mat


「起きて半畳寝て一畳」の使い方

健太
食べ放題に行くと、どうして取りすぎてしまって、食べきるのが大変なんだ。
ともこ
起きて半畳寝て一畳というのだし、いくら食べ放題とはいえ欲張りは良くないわね。
健太
分かっているんだけど、どうしてももったいない様な気がしてね。
ともこ
美味しく食べるのが一番よ。

「起きて半畳寝て一畳」の例文

  1. 起きて半畳寝て一畳、見栄だけの為に大きな家に住んでもしょうがないよ。
  2. あんなに偉大な先生でも、起きて半畳寝て一畳を心得てらっしゃるので質素な生活だ。
  3. 起きて半畳寝て一畳を忘れてはいけない。必要以上に無駄遣いしない方が良い。
このことわざの由来については、諸説あります。日本では江戸時代の国語辞典『諺苑』が初出とされており、そこに中国古代前漢の学者・韓嬰による書物『韓詩外伝』の用例が記されていますが、実際の『韓詩外伝』には「家などは膝を容れるだけ在ればよい」といった内容でしか記述が無く、どこでこの様な言い回しに変わったのかは定かではありません。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事