【落花枝に返らず、破鏡再び照らさず】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】
落花枝に返らず、破鏡再び照らさず

【読み方】
らっかえだにかえらず、はきょうふたたびてらさず

【意味】
一度損なわれてしまったもとは、再び元に戻ることはないということ。
別れた夫婦や、こわれてしまった男女の仲は、二度と戻ることはないということ。
また、死んでしまった者は、二度と生き返らないということ。

【語源・由来】
地面に散ってしまった花は、元の枝に返ることはできないし、われてしまった鏡は再び物を写すことはできないということから。

「景徳伝灯録(けいとくでんとうろく)」の「破鏡重ねて照らさず、落華枝に上り難し」から由来しているとされる。

【類義語】
・破鏡再び照らさず(はきょうふたたびてらさず)
・破鏡重ねて照らさず、落花枝に上り難し(はきょうかさねててらさず、らっかえだにのぼりがたし)
・覆水盆に返らず(ふくすいぼんにかえらず)

【対義語】
・焼け木杭には火が付き易い(やけぼっくいにはひがつきやすい)

【英語訳】
What is lost is lost.

「落花枝に返らず、破鏡再び照らさず」の使い方

健太
昨日、叔母さんがうちに泊まりに来たんだけど、お母さんとむずかしい話をしていたよ。
ともこ
なにかあったのかしら?
健太
おじさんと、お別れをすることになったと、話しているのが聞こえたよ。
ともこ
落花枝に返らず、破鏡再び照らさずということかもしれないわね。

「落花枝に返らず、破鏡再び照らさず」の例文

  1. 落花枝に返らず、破鏡再び照らさずというように、もうあなたと一緒に暮らすことはできないわ。
  2. どんなに悲しんでも。落花枝に返らず、破鏡再び照らさずというように、君とはもう会うことはできないんだね。
  3. ぼくがどれほど君のことを思っても、落花枝に返らず、破鏡再び照らさずとなってしまった。

まとめ

落花枝に返らず、破鏡再び照らさずというように、一度壊れてしまったものは、もう元には戻らないことが多いのかもしれませんね。
そのようにならないように、大切にしたいものですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事