【砂上の楼閣】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英語訳)

【ことわざ】
砂上の楼閣

【読み方】
さじょうのろうかく

【意味】
高層(こうそう)の立派な建物が砂の上に建てられているが、砂の上は柔らかく基礎が不安定で、長い間建物を維持することができない。
このことから、長続きしないことや、実現するのが不可能なことのたとえ。

【語源・由来】
聖書が由来となった、ことわざのひとつ。
聖書・マタイ7-24~27 ルカ6-46~49
「わたしが今まで話した言葉を聞いても、それを行わない人は、ちょうど砂の上に家を建てた愚かな人のようなものです。
雨が降り、水かさが増し、洪水になり、風が強く吹き付けると、家はすぐに倒れてしまいます。
しかもそれはひどい倒れかたでした。」
山の上で、イエス・キリストが言ったことが由来となっている。

【類義語】
・空中楼閣(くうちゅうろうかく)
・絵に描いた餅(えにかいたもち)
・机上の空論(きじょうのくうろん)
・紙上に兵を談ず(しじょうにへいをだんず)
・畳の上の水練(たたみのうえのすいれん)

【英語訳】
a house of cards/
a castle in the air.

「楼閣」とは、高い建物のこと。
・「砂中の楼閣」というのは誤り。
・「机上の空論」と混同して、「机上の楼閣」をするのは誤り。
間違えて覚えないように、注意。

「砂上の楼閣」の使い方

健太
将来の夢について、考えてみたんだ!
ともこ
そうなの?どんな夢なのか、教えてくれる?
健太
もちろん!
世界中で有名な社長になって、いくつも大きなビルを建てて、大金持ちになるんだ!
ともこ
砂上の楼閣にならないように、明日のテストがんばらなきゃね!

「砂上の楼閣」の例文

  1. 完璧な計画に見えたけれど、結局は砂上の楼閣だった。
  2. あの人との未来を描いていたけれど、現実は砂上の楼閣だった。
  3. しっかりと準備を進めることで、砂上の楼閣にならないようにしなければならない。
  4. 私の夢は、砂上の楼閣となって消えてしまった。
  5. 砂上の楼閣だと言われないように、準備を整えて会議に出席しよう。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事