【渡る世間に鬼はなし】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】
渡る世間に鬼はなし

【読み方】
わたるせけんにおにはなし

【意味】
この世の中には、鬼のように冷たい人ばかりではなく、思いやりのある優しい人も必ずいる。

「渡る」は、暮らしていくの意味。

【類義語】
・捨てる神あれば拾う神あり(すてるかみあればひろうかみあり)
・地獄で仏(じごくでほとけ)
・渡る世界に鬼はない(わたるせかいにおにはない)

【対義語】
・人を見たら泥棒と思え(ひとをみたらどろぼうとおもえ)
・寺の隣にも鬼が住む(てらのとなりにもおにはすむ)

【英語訳】
There is kindness to be found everywhere.

【スポンサーリンク】

「渡る世間に鬼はなし」の使い方

ともこ
健太君、また先生に呼び出されたの。だけど、怒られたんじゃないみたいね。
健太
この前帰り道で、ボクが公園に散らかっているゴミを拾っているところを先生が見たらしいんだ。怒られると怖いけど、今日はすごくほめてくれたんだ。
ともこ
へーそうだったんだ。渡る世間に鬼はなしという言葉そのものね。健太君もいいとこあるじゃない。
健太
自慢したくなかったけど、うれしいね。

「渡る世間に鬼はなし」の例文

  1. 渡る世間に鬼はなし。困っていた私達を見てAさんが率先(そっせん)してお手伝いしてくれたので他の人も助けてくれました。
  2. 何から手をつけたらいいのか分からなかったので、渡る世間に鬼はなしと思い誰かに相談して見ることにしました。
  3. 初めてのリーダー役で不安でしたが、困った時に誰かが助けてくれなんとか終わりました。渡る世間に鬼はなしとはこのようなことをさすのだと感じました。
  4. 思い荷物を運んで居るときに通りすがりのおばさんが助けてくれました。渡る世間に鬼はなしとは本当だなと思いました。
「渡る世間は鬼ばかり」と覚えている方もいるようです。ことわざとしては鬼はなしが正しい使い方です。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事