【玉磨かざれば光なし】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英語訳)

【ことわざ】

玉磨かざれば光なし

【読み方】

たまみがかざればひかりなし

【意味】

宝石だって磨かれなければ美しく光を放つ事が無いように、優れた才能や秀でた素質を持つ人物でも、努力して自分を磨かなければ、その才能や素質を活かすことができないという事。

【語源・由来】

中国古代の儒学者がまとめた礼に関する書物を戴聖が編纂した『礼記』のなかにある、『学記』という学問の事について記した篇より。
「玉琢かざれば器を成さず、人学ばざれば道を知らず」という記述から。

【類義語】
・艱難汝を玉にす
・玉琢かざれば器を成さず
・瑠璃の光も磨きから

【英語訳】
・An uncut gem does not sparkle.
・Weeds come forth on the fattest soil if it is untilled.

玉磨かざれば光なし」をはじめとした、ことわざにおける「玉」とは、「宝石」という意味から転じて「優秀な人材」「賢者」「美しいもの」「立派なもの」という意味を持ちます。
他のことわざにおいて、「玉」の対義語は「石」と表現される場合が多いです。
【スポンサーリンク】

「玉磨かざれば光なし」の使い方

健太
そういえば、君は昔ピアノが得意だったね。今でも演奏するの?
ともこ
ううん、最近は全く演奏できてないの。昔は発表会でも賞を取っていたんだけど・・・。
健太
それは、残念だね。玉磨かざれば光なしというし、せっかくの才能なんだからまた始めてみれば?
ともこ
そうね、また趣味にしてみようかしら。

「玉磨かざれば光なし」の例文

  1. いくら昔の才能を自慢した所で、玉磨かざれば光なしだということを忘れてはいけない。
  2. 玉磨かざれば光なしだし、彼女も化粧をすれば途端に美しくなるだろう。
  3. 君は自分ではその才能に気づいていないだろう。それもそのはず、玉磨かざれば光なしだ。
  4. せっかく男前なのに無精髭を生やしていては、玉磨かざれば光なしもいいところだ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事