【若い時の辛労は買うてもせよ】の意味と使い方の例文(類義語)

【ことわざ】
若い時の辛労は買うてもせよ

【読み方】
わかいときのしんろうはこうてもせよ

【意味】
若い時に苦労することはよい経験であり、将来きっと役に立つから、買って出ても苦労したほうがよいという教え。

「辛労」は、つらい苦労や骨折り。

【類義語】
・若い時の苦労は買ってもせよ
・若い時の難儀は買うてもせよ
・可愛い子には旅をさせよ
・獅子の子落とし

【スポンサーリンク】

「若い時の辛労は買うてもせよ」の使い方

健太
何でこんなに毎日宿題が出るんだろう。
ともこ
若い時の辛労は買うてもせよって言うわよ。その苦労がいつか大人になった時に役に立つのよ。
健太
役に立つのかなあ。今の僕には全く分からないよ。
ともこ
大人になった時に、若いころに頑張っておけばよかったって後悔するより、やっておいてよかったって思った方がいいでしょう?さっさと宿題を終わらせましょう。

「若い時の辛労は買うてもせよ」の例文

  1. 若い時の辛労は買うてもせよ、毎日空手で厳しい稽古をしたおかげで、社会人になって、大抵の困難は乗り越えられる。
  2. 若い時の辛労は買うてもせよ、若いころの苦労は成長に直結するから、どんどん壁にぶつかれ。
  3. 若い時の辛労は買うてもせよというけれども、健太くんは、苦労をしないに越したことはないと考えるタイプです。
  4. 若い時の辛労は買うてもせよ、学生時代の苦労でしか学べないことがあります。
  5. 若い時の辛労は買うてもせよ、若い時の苦労は再起できるものだから、どんどんするべきです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事