【造作を掛ける】の意味と使い方の例文(慣用句)

【慣用句】
造作を掛ける

【読み方】
ぞうさをかける

【意味】
手間や面倒を掛けること。

【語源・由来】
「造作」が手のかかること、手間、面倒という意味であることから。

【スポンサーリンク】

「造作を掛ける」の使い方

健太
ともこちゃん、いつも造作を掛けてしまって申し訳ないんだけど・・・。
ともこ
本当にそう思うなら、私にもう何もお願いしないでほしいの!
健太
そんなこと言わないで、最後まで話を聞いてよ。ともこちゃんにとっては造作もないことだから・・・。
ともこ
どうせ、宿題を写させてほしいって言うんでしょう。見せないわよ。宿題は自分でやったほうが良いと思うわ。

「造作を掛ける」の例文

  1. 今は、一緒に頑張るべきところなのに、風邪をひいて、逆に造作を掛けてしまって申し訳ないです。
  2. 格別の造作を掛けて作ってもらった机。
  3. この職業に就いたおかげで、誰にも造作を掛けずに生きていくことができるようになった。
  4. しばらく造作を掛けることになりますが、よろしくお願いします。
  5. 彼にだけは造作を掛けまいと思っていましたが、その他のことは、正直どうでもいいと思っていました。
  6. まさかともこちゃんに、こんなに造作を掛けることになるとは思ってもみなかったんだ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事