【顎が落ちる】の意味と使い方の例文(慣用句)

【慣用句】
顎が落ちる

【読み方】
あごがおちる

【意味】
食べた物がとてもおいしいこと。

【類義語】
・頬が落ちる
・頬っぺたが落ちる

【スポンサーリンク】

「顎が落ちる」の使い方

健太
ああー。昨日、グルメ番組を見たせいで顎が落ちるようなおいしいものが食べたくなったよー。
ともこ
健太くんのお母さんは料理が上手じゃないの。私は顎が落ちるくらいおいしいと思ったわ。
健太
母さんの家庭料理じゃなくて、なかなか手に入らない食材で作られたような高級料理が食べたいんだ。
ともこ
健太くんは贅沢だわ。他の家の家庭料理を食べてみればいいのよ。お母さんのありがたさや恵まれていることが分かるはずだわ。

「顎が落ちる」の例文

  1. このケーキは顎が落ちるようにおいしくて、ホールで食べたくなった。
  2. 彼女の作る料理は手が込んでいて、顎が落ちるようにおいしかった。
  3. おばあちゃんの作るギョーザは、何か隠し味が入っているらしく、世界一おいしい顎が落ちるようなおいしさである。
  4. この学校の給食は、給食はまずいという定説を覆してしまう味で、顎が落ちるほどおいしい
  5. 彼女が受け継いだブドウ園のブドウは、周囲の心配をよそに彼女らしい優しい味で顎が落ちるほどおいしいものだった。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事