【頭が痛い】の意味と使い方の例文(慣用句)

【慣用句】
頭が痛い

【読み方】
あたまがいたい

【意味】
心配ごとがあって、頭が痛くなるほど思い悩むこと。

【類義語】
頭を痛める

【スポンサーリンク】

「頭が痛い」の使い方

健太
ご飯食べた後、宿題をしないといけないと考えると頭が痛い
ともこ
だから、遊びに行く前に終わらした方がいいって言ったじゃない。

<例文>

  1. 飼育係になったけど、熱帯魚の世話が面倒で頭が痛い
  2. やる事が多すぎて頭が痛い
  3. 友人関係に悩みすぎて頭が痛い
  4. 将来の事を考えると頭が痛い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事