「ことわざ・慣用句」のLINEスタンプ発売中♪

【欠伸を一緒にすれば三日従兄弟】の意味と使い方や例文(類義語)

欠伸を一緒にすれば三日従兄弟

「欠伸を一緒にすれば三日従兄弟」の意味(類義語)

意味【ことわざ】
欠伸を一緒にすれば三日従兄弟

【読み方】
あくびをいっしょにすればみっかいとこ

【意味】
人の欠伸につられて一緒に欠伸をするのは、多少なりとも縁がある。

三日従兄弟=軽い血縁関係。
ことわざ博士
「欠伸を一緒にすれば三日従兄弟」ということわざは、人のあくびにつられて一緒にあくびをするというのは、その人と何かしらの繋がりがあるという意味があるんだよ。
助手ねこ
なるほど、それはつまり、「他人のあくびに影響されて一緒にあくびをすれば、その人と何かしらのつながりがある」ってことやな。

あくびって contagiously(伝染性が)あるもんなぁ。これは、人と人との微妙なつながりを表してる言葉やな。

【類義語】
・欠伸隣にうつる

【スポンサーリンク】

「欠伸を一緒にすれば三日従兄弟」の解説

カンタン!解説
解説

「欠伸を一緒にすれば三日従兄弟」っていうことわざは、ほかの人が欠伸をして、それを見たら自分も欠伸をしたくなることを、少しでも繋がりがあるって考えるんだよ。

「三日従兄弟」っていうのは、遠い親戚を指すんだ。だからこのことわざは、一緒に欠伸をするくらいなら、それくらいのつながり、つまりちょっとした繋がりがあるっていう意味なんだ。

つまり、他の人の行動に影響を受ける、ちょっとした共感や連動があると、それは少なからず何かの繋がり、関係があるってことを表しているんだよ。だから、「欠伸を一緒にすれば三日従兄弟」っていうことわざは、人間関係やつながりの大切さを教えてくれるんだね。

「欠伸を一緒にすれば三日従兄弟」の使い方

健太
ふわあ。眠いなあ。
ともこ
ふわあ。欠伸ってうつるわよね。
健太
欠伸を一緒にすれば三日従兄弟というよ。僕たちは縁があるんだ。
ともこ
健太くんとの縁は切りたいわ。
【スポンサーリンク】

「欠伸を一緒にすれば三日従兄弟」の例文

例文
  1. 欠伸を一緒にすれば三日従兄弟という。同じ車両に乗って一緒に欠伸をしたあの人もあの人も何か縁があるんだろう。
  2. 欠伸を一緒にすれば三日従兄弟というが、同じ日に生まれたのも縁があるのだろう。
  3. 欠伸を一緒にすれば三日従兄弟というけど、彼とはよくタイミングが合うから、前世では本当に兄弟だったのかも。
  4. 欠伸を一緒にすれば三日従兄弟というから、きっと僕たちは運命の縁で結ばれているんだよ。
  5. 欠伸を一緒にすれば三日従兄弟といわれる。彼女との間に縁を感じる。