【頭を抱える】の意味と使い方の例文(慣用句)

【慣用句】
頭を抱える

【読み方】
あたまをかかえる

【意味】
よい考えが浮かばず、どうしたらいいのかわからなくなってしまう。苦悩しているという意味。

【類義語】
頭を抱え込む(あたまをかかえこむ)

【スポンサーリンク】

「頭を抱える」の使い方

ともこ
健太くん、さっきから頭を抱えてるけどどうしたの?
健太
さっきから勉強してるんだけど、問題が難しくてさっぱり分からないんだ。
ともこ
私が教えてあげるよ。

<例文>

  1. 新しいアイデアが浮かばなくて、頭を抱えている。
  2. 子供が言うことを聞かなくて頭を抱える
  3. ペットのしつけが難しくて頭を抱える
  4. 仕事がうまく覚えられなくて頭を抱える
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事