【風の便り】の意味と使い方の例文(慣用句)

【慣用句】
風の便り

【読み方】
かぜのたより

【意味】
どこからともなく伝わってくるうわさ。

【スポンサーリンク】

「風の便り」の使い方

健太
幼稚園のときの女の先生、やめたらしいけど。ともこちゃんは、どうしてなのか知っているの?
ともこ
ううん。はっきりしたことは分からないけど、結婚するらしいというのは、風の便りに聞いたけど。
健太
そうなんだ。二人とも、よく面倒をみてもらったからね。なつかしいなー。
ともこ
そうね。私が熱を出して休んだときには、自宅まで、心配してきてくれたもの。優しい先生だったわねー。

「風の便り」の例文

  1. A君が、アメリカに留学したことを風の便りに聞いた。
  2. 風の便りに、B君が、青年海外協力隊としてアフリカに赴き、活躍しているらしいということを聞いた。
  3. C君が、北海道の高校で英語教師をしていると、最近になり、風の便りに聞いた。
  4. しばらくだね。大病を患って入院しているというのは、風の便りに聞いたけど、大丈夫なの?
  5. 海外勤務が長かったため、みんなのことはおろか、親友だったD君のことさえも、帰国した際に、風の便りに聞くにすぎない。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事