【気が引ける】の意味と使い方の例文(慣用句)

【慣用句】
気が引ける

【読み方】
きがひける

【意味】
気おくれしたり引け目をかんじること。

【スポンサーリンク】

「気が引ける」の使い方

健太
ともこちゃん、どうしてそんなに落ち込んでるの?いつものともこちゃんらしくないね。
ともこ
この前、みんなの前で歌を歌うことになったの。舞台に立った瞬間、気が引けてしまってうまく歌えなかったの。
健太
そうなんだ。ともこちゃんでも気が引けることがあるんだね。僕なんかいつも気が引けてしまっているよ。
ともこ
でもまあ、いい経験だったかもしれないわ。これからは気が引けないようにするわ。

「気が引ける」の例文

  1. 周りの人たちの顔を見るとみんな優秀そうで、つい気が引けてしまう。
  2. いつも自信を持って、何があっても気が引けないようにすることが大切だ。
  3. 彼は本当はかなりの実力を持っているのに、いざとなると気が引ける性格だから損をしている。
  4. たいした実力もないのに、いざとなった時に気が引けないから、彼はいつも試合に負けたことがない。
  5. みんなからの期待と声援が大きすぎたので、つい気が引けてしまった。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事