【機が熟す】の意味と使い方の例文(慣用句)

【慣用句】
機が熟す

【読み方】
きがじゅくす

【意味】
ものごとをするのにちょうどよい時期になること。


「機が熟す」の使い方

ともこ
健太くん、機が熟したわ。さあ、練習の成果を発揮するときがきたわよ。
健太
ええ。まだ、練習したいなあ。まだ上手にできないよ。
ともこ
お爺さんが亡くなって、悲しくて家からでなくなった近所のおばあちゃんを笑わせてあげたいんでしょ?ずっと落語の練習を頑張ってきたじゃない。もう大丈夫よ。今なら、少し人と会う余裕ができたらしいわよ。さあ、いってらっしゃい。
健太
よし。がんばっていってくる。

「機が熟す」の例文

  1. 作品の構想はすっかり出来上がっているのだが、それに向かって腰を上げるには。まだ気が熟していないんだ。
  2. この問題について、公の場で議論するには機が熟していない。
  3. 健太くんが、学問を深める機が熟した。
  4. その計画は、機が熟すまでまとう。
  5. ここ三か月、定期的に会いに来てくれていたが、本当のことを話す機が熟したようだ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事