【心を入れ替える】の意味と使い方の例文(慣用句)

【慣用句】
心を入れ替える

【読み方】
こころをいれかえる

【意味】
今までの態度を反省して改める。

【スポンサーリンク】

「心を入れ替える」の使い方

健太
ともこちゃーん。宿題がどうしても間に合いそうにないんだ。助けて~。
ともこ
健太くんが心を入れ替えて、勉強に励むのならば助けてあげても良いわよ。
健太
うん。うん。心を入れ替えるから、どうか哀れな僕を助けてくださいましー。
ともこ
嘘をつかないでよ。本当に心を入れ替えなかったら、もう、許しませんからね。

「心を入れ替える」の例文

  1. 今回の大会で、彼に惨敗してようやく気付けた、僕は空手が大好きだから、心を入れ替えて、今後は、さぼることなくがんばるつもりだ。
  2. 今年から心を入れ替えて、しっかり勉強しよう。
  3. 遊んでばかりだった健太くんが、とても素敵な女の子に出会えたことで、心を入れ替えたようだ。
  4. なくしたものがいつも見つからなくて困るので、心を入れ替えて、部屋をきれいな状態で保てるよう努力しよう。
  5. 父が病気になってから、父に反抗的だった僕は、心を入れ替え、毎日看病するために病院に通っている。
  6. 今、心を入れ替えて真剣に取り組まないと、後で悔やんでも、取り返しがつかないことになると思うよ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事