【見るに堪えない】の意味と使い方の例文(慣用句)

【慣用句】
見るに堪えない

【読み方】
みるにたえない

【意味】
気の毒だったり、ひどい状態だったりして、まともに見られない。

【類義語】
・見るに堪えない
・目も当てられない


「見るに堪えない」の使い方

健太
ともこちゃん。夜、眠ったら妖精が迎えに来て、僕を夢の国に連れて行ってくれるなんてことはないかな。
ともこ
宿題が終わらないからって、現実逃避をしようとしている健太くんは、見るに堪えないわ。
健太
そんなこと言ったって、こんなに山ほど宿題を出す先生が悪いんだよ。終わるわけがないじゃないか!
ともこ
できるわよ。私は、一日で終わったわよ。

「見るに堪えない」の例文

  1. 彼女の涙は、僕の同情を誘おうとしているかのようで、見るに堪えなかったのです。
  2. 健太くんと離れて暮らすようになってから、健太くんの写真を見るに堪えなかったので片付けてあります。
  3. その博物館の学芸員は何を思ったのか、立派なもののそばに、見るに堪えない品が並べてありました。
  4. 主人公がハッピーエンドではない映画は、つらくなるので見るに堪えないです。
  5. 彼女は感受性が強いので、一緒に悲しみにふけってしまうため、不幸な人を見るに堪えなかったのです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事