【鳴かず飛ばず】の意味と使い方の例文(慣用句)

【慣用句】
鳴かず飛ばず

【読み方】
なかずとばず

【意味】
三年もの期間、じっと機会の来るのを待って何もしないこと。

【語源・由来】
「史記」より。中国の春秋時代、即位して何もせずに三年間が過ぎた楚の荘王に伍挙が言ったことばで、これを聞いた荘王は「この鳥は飛べば天まで昇り、鳴けば人を驚かすだろう」と言って国政に力を入れだしたという故事による。

【スポンサーリンク】

「鳴かず飛ばず」の使い方

健太
ともこちゃん。駅前の路上でいつも歌っている二人組を応援していたよね。
ともこ
そうなの。三年前にメジャーデビューしてからは路上で歌わないんだけど、鳴かず飛ばずでなかなか活躍する姿を見ることができないの。
健太
とてもいい声をしていて、いい歌を歌っていたのにね。運がないのかな。
ともこ
そうね。でもそろそろ認められて、有名な歌手になると思うわ。

「鳴かず飛ばず」の例文

  1. 彼は、三度続けて文学新人賞の候補になったものの、その後は、鳴かず飛ばずの状態であった。
  2. 彼女は小さいころからの夢だったアイドルになって、数枚のCDを出したが、鳴かず飛ばずに終わった。
  3. 彼は大学進学を断念して、プロ野球に入団して四年目だが、左腕の速球派として、期待されて入ったわりには、鳴かず飛ばずの日々が続いた。
  4. 芸能界にデビューしたころは、お笑い芸人として活動をしていたが、鳴かず飛ばずだったので、その容姿の良さから俳優に路線変更をしたのだった。
  5. コーチとして入ってきた彼との出会いが、当時、鳴かず飛ばずだった健太くんをエースに変えるきっかけになった。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事