【頭に湯気を立てる】の意味と使い方や例文(慣用句)

【慣用句】
頭に湯気を立てる

【読み方】
あたまにゆげをたてる

【意味】
怒りや興奮のため、かっとなる様子。

【類義語】
頭に血がのぼる

【スポンサーリンク】

「頭に湯気を立てる」の使い方

ともこ
健太くん、頭に湯気を立ててどうしたの?
健太
僕の友達が、ともこちゃんのことを好きだって言うんだ!許せないよ。
ともこ
なんだ、健太くん私のこと好きなんだ。

<例文>

  1. 近所の子供が毎日僕の家にピンポンダッシュをするので、頭に湯気を立てている。
  2. 悪口を言われて頭に湯気を立てる
  3. 上司が部下の失敗に頭に湯気を立てる
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ!ことわざ本




ことわざ・慣用句のLINEスタンプ発売中♪

「ことわざ・慣用句の百科事典」で使用している、当サイトのオリジナルイラスト素材が、LINEスタンプとしてついに発売開始されました。

意味を考えながらLINEスタンプを繰り返し使うことで、楽しくことわざや慣用句を覚えることができますよ♪