【床に就く】の意味と使い方の例文(慣用句)

【慣用句】
床に就く

【読み方】
とこにつく

【意味】
①寝床に入る。就寝する。
②病気になって寝つく。

【スポンサーリンク】

「床に就く」の使い方

ともこ
昨日は、マラソン大会の練習で疲れ切って、早く床に就いたわ。それでも、まだ疲れが取れないわ。
健太
そんなに疲れていても、宿題を終わらせてくるともこちゃんはすごいよね。僕なんて、空手の練習で疲れて、いつも家に帰るとすぐ床に就くから宿題をしないんだよ。
ともこ
健太くん。そこは笑い話で済まさないで、宿題をやってきましょうよ。
健太
はーい。

「床に就く」の例文

  1. 彼女は、昨日の夜は夕方から、三十八度くらいの熱が出て、早めに床に就いたそうだ。
  2. 祖母は孫に先立たれてから精神的にめっきり弱ってしまって、床に就くことが多くなってしまった。
  3. 僕がそろそろ床に就こうかと思って、部屋の電気を消そうとしたとき、突然、自宅の電話が鳴ったのだった。
  4. ともこちゃんは、病気で入院して、もう一週間も床に就いたままらしいが、先週はあんなに元気だったのにどうしたのだろうか。
  5. 長い間、床に就いていて、暇を持て余している祖母は、訪問客をとても楽しみにしているのである。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事