CATEGORY

「と」で始まることわざ

【蟷螂の斧】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳)

【ことわざ】 蟷螂の斧 【読み方】 とうろうのおの 【意味】 自分の力が弱いことに気づかずに大敵に刃向かうこと。向こう見ず。はかない抵抗。 【語源・由来】 出典は「韓詩外伝(かんしがいでん)」です。斉(せい)の荘公(そう…

「せ」で始まることわざ

【千里の堤も蟻の穴から】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳)

【ことわざ】 千里の堤も蟻の穴から 【読み方】 せんりのつつみもありのあなから 【意味】 ささいなことでも油断すると、大きな災いを招くことがあるというたとえ。 【語源・由来】 蟻が堤防に作ったほんの小さな穴であっても、放…

「し」で始まることわざ

【小の虫を殺して大の虫を助ける】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳)

【ことわざ】 小の虫を殺して大の虫を助ける 【読み方】 しょうのむしをころしてだいのむしをたすける 【意味】 大きな目的を成就しようとする場合、全体として成功するために一部分、または比較的必要でない部分を犠牲にすること。…

「し」で始まることわざ

【獅子身中の虫】の意味と使い方の例文(語源由来・英語訳)

【ことわざ】 獅子身中の虫 【読み方】 しししんちゅうのむし 【意味】 獅子の体内に寄生して恩恵を受けている虫が、獅子を死に至らしめるということで、内部にいて味方でありながら、味方に害を与えるもののたとえ。 【語源・由来…

「あ」行のことわざ

【蟻の思いも天に届く】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳)

【ことわざ】 蟻の思いも天に届く 【読み方】 ありのおもいもてんにとどく 【意味】 力の弱いものでも、一生懸命努力をし続ければいつかは願いが叶うというたとえ。 【語源・由来】 地面をはって歩く体の小さな蟻でも精一杯努力を…

「あ」行のことわざ

【虻蜂取らず】の意味と使い方の例文(語源・類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】 虻蜂取らず 【読み方】 あぶはちとらず 【意味】 強欲なあまり、同時に2つのものを得ようとするが、結局どちらも得ることはできなかったという戒め。 【語源・由来】 虻と蜂を餌にする蜘蛛からしたら、自分の巣に引…

「あ」行のことわざ

【頭の上の蠅を追え】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳)

【ことわざ】
 頭の上の蠅を追え 【読み方】
 あたまのうえのはえをおえ 【意味】
 人の世話を焼くよりも、まずは自分のことをきちんとしなさいという教え。 【語源・由来】
 人のところを飛んでいるはえの心配をする前に、自…

「い」行のことわざ

【一寸の虫にも五分の魂】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳)

【ことわざ】 一寸の虫にも五分の魂 【読み方】 いっすんのむしにもごぶのたましい 【意味】 どんなに小さな弱い者でも、それ相応の意地や根性があるものだというたとえ。だから、あなどってはいけないという教え。 【語源・由来】…